2017年11月01日

遠くまで行く映像

VIMEOとYOUTUBEに映像を投稿しました。
このところハマっている車載カメラのドライブ動画。


music
Going Up / Moving On by LAKEY INSPIRED
https://soundcloud.com/lakeyinspired

イッタルゾー!!!、っと意気込んでみたものの、前の晩から興奮して眠れず。大丈夫かな〜と朝五時に出発。
東名高速・富士五湖道路・中央高速・甲府の御岳昇仙峡・中央高速・ビーナスライン、さらにはその上まで行って蓼科〜草津ルートまで行って日帰りする。という無謀な計画を立てましたが、ビーナスラインの美ヶ原高原美術館で日没終了。

午前中、昇仙峡で歩いたのが意外にきつくて、美ヶ原高原美術館から北に降りた道は真っ暗で、携帯も圏外になり、どうやって帰ろうかと、泣きそうになりました。危なく松本方面と書いてあった美ヶ原にまた登ってしまうところでした。

結局、上田からしばらく北上したところから上信越自動車道・関越自動車道・圏央道・小田原厚木道路には入れず・新湘南バイパス・西湘バイパスと乗り継いで11時半頃に帰宅。一応毛布なども積んでいったのですが、サービスエリアで1度寝ちゃうとそのまま凍死しちゃうかもと怖くなり、SA・PAで休み休み帰ってきました。

朝方は朝霧をついて走る運転が楽しくていい絵が撮れてるかも〜っと思っていたのですが、楽しみにしていた紅葉は色づきはじめと、枯れ野原になっていて、昼ぐらいから雲ひとつないピーカン晴れになり、タイムラプスを撮ってもあまり効果がない状態になりました。

新しく購入した自動回転雲台「Sevenoak Electronic ball head SK-EBH01 Pro
」は引っかからずに回ってくれますが、カメラがたま〜に連続撮影を取りこぼしているかも。。。角度と時間の設定をよく考えて撮っておかないと、プレミアでの編集時に「速度デュレーション」で半端な値で時間を合わせようとすると(200%とかは平気)、パンスピードがガクガクになるので、今後使うかは微妙な感じ。広角レンズで撮りきれない景色の広大さを表現するのには良いのですが、軸回転の動きはアラが目立ちます。。。
posted by kazzo at 19:22| Comment(0) | 自作動画

2017年10月13日

箱根の動画

VIMEOとYOUTUBEに動画をアップしました。

箱根山に行ってきました。ドライブ映像とタイムラプスを組み合わせたかったので、ドライブ映像のために西湘バイパス、R1、箱根旧道を使うルートで、車載カメラ2台体制です。
CAMERA SONY HDR-AS30V
CAMERA SONY HDR-AS50
CAMERA PANASONIC LUMIX DMC-G7
LENS LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LENS SAMYANG 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT


music
Holding On by LAKEY INSPIRED
https://soundcloud.com/lakeyinspired

夏頃から、何度か箱根山に行っていたのですが、今年はなかなか雲が晴れない。三島の方から上がってきた湿気が気圧の関係で雲になるのか?。山の上の方だけ雲の中。富士山も見えずに空振りのことが多くて落ち込みました。

何回か行っているので、各日のベスト映像をつないで1本作ればいい話で、いつもはそうやっているのですが、今回はなぜかライフログ的に1日で撮った映像にこだわってしまっています。

前に使っていた車、ダイハツのコペンは走っても楽しい格好も良い車だったのですが室内が狭くて、車内にカメラをつける余裕がなかったのが不満で、ハスラーにしてから、車載カメラにはまって、出かけるたびに室内のいろいろなところにカメラをつけて撮影しては遊んでいます。室内が全部ツルツル素材でどこにでも吸盤式でカメラが取り付けられれば最高なのに、とか思ってしまいます。ドライブ映像にもはまってしまって、作る動画もドライブ半分、タイムラプス半分になってきました。ということで、GO!GO!HANEDAとか今回のGO!GO!HAKONEが出来ちゃってるわけです。

車載カメラ2台体制がなぜか素晴らしいアイデアに思えて、中華製のアクションカムも買ってみましたが画質がイマイチSONYの絵と合わない。そしてSONYのアクションカムHDR-AS50(4Kは撮れない安い方)も購入してしまったので、しばらくこの感じで続ける覚悟。秋の紅葉ドライブが楽しみです。

しかし雨の日が多いなぁ。。。

posted by kazzo at 16:53| Comment(0) | 自作動画

2017年09月19日

ゴーゴーハネダ!

YOUTUBEとVIMEOに動画をアップしました。
「GO! GO! HANEDA」
羽田空港への行き帰りのドライブ映像と、空港で撮ったタイムラプス映像です。


music
Upbeat by AKASHIC RECORDS
https://www.jamendo.com/track/1281388/upbeat

ソニーのアクションカム「HDR-AS30V」を使っての車載カメラ映像。

新しく乗り換えた車、「ハスラー」を主役にした動画を作ろうかと思い、、、

Case06.jpg

車載用のケースを自作して、伊豆方面や箱根に出かけてテストしていましたが、真夏にフロントグラスから日が差し込む環境だと、30分ほどで熱でシャットダウン。それ以後は録画ボタンを押して再開しても10分毎ぐらいににシャットダウン。カメラとケースの隙間にアルミホイルをたたんだものを挟んでも効果は薄く、カメラに日が当たらなくなると、良好に動作をするようです。

ちなみに、室内でモバイルバッテリーでの常時給電でのテストでは、メモリーカードを使い切るまで4時間20分ぐらい動作していたのと、自動車のパワープラグから、USBケーブルで常時給電出来ることは確認したので、もう少しパノラマ感のある、高速道路で試してみたくなり、羽田空港までのドライブで撮影してみました。

結局、太陽を背にして走る環境が多かったのが幸いしてか、、1度もシャットダウンしませんでした。首都高のビビりっぱなしで走っている状態では、走りながら録画ボタンを押すのは不可能だったので、運が良かったと思います。

羽田空港では展望デッキから飛行機の出発準備の様子を、タイムラプスで撮影しました。予定では夜遅くまで撮影しようかと思っていましたが、風があったのと、ワイヤーの隙間からレンズを出して、うまく三脚を固定できない環境に、何も対策を用意していなかったのと、片道だけでヘトヘトだったので、ここで頑張ると帰りに事故っちゃうかもと心配になり、日が暮れたところで、早々に引き上げました。

行きはiPhoneのグーグルマップ、ルートの設定ミスで迷い。帰りは車載ナビに頼りましたが、ジャンクションで高速を降りてしまい、迷い、久しぶりの高速道路は怖かったです。
posted by kazzo at 02:25| Comment(0) | 自作動画

忘れてた花火

破裂音が大きいので音量に、お気をつけください。


CAMERA SONY HDR-AS30V
Feiyu G4 GS 3-Axis Gimbal

8月6日に公開したのに、記事を書くのをすっかり忘れていた花火の映像。
小田原酒匂川の花火大会。この数年は片手にビールを持って、橋の上をゆっくり歩きながら、両側に打ち上げられる花火を見るのが恒例になっています。なんだか、爆撃の只中にいるのに全然安全、、、みたいな不思議な感じです。

いつかはこの雰囲気を映像にしてみたいと思っていたのが、今回のこの映像。打ち上げが始まる時間になると川の両岸に人々がどっと集まってきます。興奮して飛び跳ねちゃう子や泣いている子、警官も大勢投入されて騒然とした感じ。そんな人々も写し込んで、花火の夜の雰囲気を出したいと思っていました。

思いつきで、急いで準備して出たので、久しぶりに使うジンバルのモード切り替えの仕方をすっかり忘れてしまっていました。もう少し花火を見上げる絵が欲しかった。特に最後の大玉のは空を見上げてぐるっと回りたかったけど、うまく行きませんでした。来年再チャレンジしたいと思っています。
posted by kazzo at 01:12| Comment(0) | 自作動画

2017年07月25日

カメラケースを作ってみる

ソニーの「HDR-AS30V」は 2013年10月に発売されたアクションカムです。
数年前に購入してからあまり出番がなかったのですが、自動車を買い換えたので車載動画に使えないかと引っ張り出してみました。

Case01.jpg

その後のモデルでは解消されましたが、本体にネジ穴がないために、三脚などにつける時には付属のウォータープルーフケースに入れて使うように設計されていたようです。

車載カメラにするため、ケースに入れて、吸盤式の雲台につけて実験してみたのですが、以下のような使いづらさがありました。

1.ケースがレンズを覆う設計のため、プラスチックの内部反射のせいか画質が落ちる。特に逆光の時。

2.約30分ほどでバッテリーが切れるので、その度にケースから出してバッテリー交換をしなければならない。USBケーブルで外部から給電して撮影する機能はあるが、密閉型のケースに入れるとプラグが刺せなくなる、同じ場所に三脚ネジの座金があるため、ケースに穴を開けると、三脚ネジの部分を別に作らなければならない。

3.コンパクトに設置するため、上から吊り下げるように雲台につけたい時があるが、その場合はカメラを天地さかさまに設置するため、天地が逆の動画になるので、その後の編集に手間がかかる。

4.フロントグラスの内側に吸盤三脚を取り付け、フロントグラス越しに前面の景色を撮る場合、カメラに日が当たるとケース下部の黄色い部分と、カメラ前面のSONYロゴが映像に写り込んでしまうことがある。

Case09.jpg
 ひどい時はここまで写り込んじゃう

はじめは、画質アップを目標に、ウォータープルーフケースを2つ持っていたので、古い方のケースのレンズ部分を切り離して、ケースの前面を黒く塗る改造をしてみました。しかし、このケースのプラスチック、めちゃ硬かった。レンズ部分の真ん中あたりにドリルで穴を開けようとしたら歯が立たない、ダイヤモンドカッターでレンズ部周辺から削って、やっと切れました。さすが世界のソニー。

Case07.jpg

そんなことをしていたら、ケースを作っちゃおうか?と思い立ちました。よく使っている低発砲塩ビ板「Forex」で箱を作って上下にカメラネジのナットを埋め込む感じです。
アドビイラストレーターで実寸の図面を作って。そこから部品図を作り、紙にプリントして、軽く吹いたスプレーのりで
Forexに貼り付け、普通のカッターで切り分け、紙を剥がして、シンナーでのりを拭き取り、塩ビ用接着剤で組み立てました。あまりに組みつけが悪かったのでパテで隙間を埋め、艶消しの黒で塗装しました。

Case08.jpg
Case02.jpgCase03.jpg
Case05.jpgCase06.jpg
 テスト用にモバイルバッテリを使っています。

防水機能はありませんが、一応課題の解決は盛り込んだので、実際に使用して実験したいと思います。

心配なのは、材料が柔らかめなのでネジ部分が持つかどうか。揺れはどうか。それと素材的に保温効果がありそうなので長時間撮影した場合、カメラの発熱がこもって動作不良にならないかどうか。。。

それと、出来上がりサイズが以外と余裕があったため、後ろからカメラがすっぽり抜け落ちる可能性があるので、紙か、放熱用にアルミ箔でも挟もうかと思っています。
posted by kazzo at 20:00| Comment(0) | 日記