2013年08月28日

凄い映画

WOWOWで録画した、「ミツコ感覚」を見た。何だか解らないが新感覚。おそらく超最先端かと、、、
 演劇的な手法で、次々出演者が登場し、人間関係がわかってゆく。脚本も役者さんの演技も驚異的にうまくてリアル感を超えたリアルな感じ。何が起こるのか全く予測できないので(というか普通の暮らしはそういうものなのだけど、映画ってどうしても物語を作ってしまうので予測できちゃう)、普通の会話が妙にミステリアスで引き込まれる。というか普通の会話ってほんとはミステリーなんだなと気づかされる。 変質的な三浦姉弟の謎に引っ張られて、何かとんでもない事が起こりそうな気がして来る。
 アルアル的にプッと笑っちゃう所もたくさんあって、人間観察の目の細かさに驚く。 また、つなぎの風景の映像も、あれ、そこですか?車のガラスのヘリの所ですか?僕もあれ気になったりしますよ。っと、ミツコ感覚の奥深さに共感する。

posted by kazzo at 23:40| Comment(0) | 映画

2013年07月31日

ノーカントリー

友人と話していて「ノーカントリー」の話になって、見直してみた。凄い!。大金を持ち逃げしたモスと、それを追う死神のようなシガーの話。克明に見せる所と、見せない所の塩梅がうまくて、何度も見返したくなる。特に戦いを知り抜いた2人の対決は一瞬の瞬きも許さないような緊張感。
posted by kazzo at 13:45| Comment(2) | 映画

2013年07月09日

超能力者

WOWOWで録画してあった韓国映画「超能力者」面白かった。
最初は韓国映画らしい過酷な表現から始まるが、タイトル後は一転してほんわかコメディー風に、、、面白い!。
 人を、目で思うように操れる超能力者と、ただ一人操られない男との出会いと死闘の話。なぜか友人役で流暢に韓国語を話すガーナ人とトルコ人が配役されているのがポップな雰囲気を出している。結局は「****物」のお話なんだけど、ひねり方がうまくいっている気がする。

posted by kazzo at 18:49| Comment(0) | 映画

2013年06月29日

預言者

映画館に行くにしても、DVDを借りるにしても、生来の貧乏性で、見栄えのするハリウッドの大作ばかり選んでしまってガッカリする事が多くなってきました。だからWOWOWで録画しておいた低予算の映画が面白かったりすると、得した気分に。。。これもまた貧乏性か?。
 フランス映画特集をやっていたらしく、ちょうどフランスに興味津々な時期だったので何本か録画しといたのを見てみたらこれが面白かった。

 「預言者」。フランスの刑務所に、19歳の読み書きもままならないアラブ系フランス人マリクが収容されます。囚人のボスに目を付けられ、所内である男を暗殺する事を命じられます。暗殺は成功するのですが、殺された男はけっこう良いヤツで、死ぬ前に二言三言かわした会話がマリクの運命を変えて行きます。死んだ男はこの後マリクを導く幽霊となってたびたびマリクに預言を授けるのです。

 マリクは刑務所の中で、読み書きを覚え、外国語を覚え、人間関係を学んで行きます。刑期が半ばを過ぎると一日だけの外出が許されます。マリクはこの1日の間に、ボスに命じられた仕事と、自分のための仕事をこなして帰ります。彼が出所する時にどうなるかはお楽しみ。

posted by kazzo at 00:04| Comment(0) | 映画

2013年05月04日

Pacific Rim

ハリウッド製怪獣映画ですよ!。巨大ロボットとの大戦。3Dですよ!。菊地凛子と芦田愛菜も出てますよ。巨大生物が映画の中では「Kaiju」って呼ばれるらしいですよ。トレーラーを見ただけでお金を払いたくなる。なんか強烈な映画が来るみたいです。

posted by kazzo at 22:47| Comment(0) | 映画