2014年04月25日

ゼロ・グラビティ

レンタルビデオで「ゼロ・グラビティ」を見ました。
全編宇宙ロケ敢行!。かと思うような驚きのリアル感。昔、物理の授業でならった作用反作用、遠心力、慣性の法則、振り子の原理などを思い出しながら、無重力って、あ〜そういうことになっちゃうのか、と感心しながら見ました。




真空、無重力の空間で、すがる物の無い恐怖。一度動き出したら止まらない、回りだしたら止まらない、すぐ近くのものに手が届かない。地上では味わう事の無い恐怖。 宇宙酔いで吐きそうになっても宇宙服では手で口を塞げない。もし吐いちゃったら、、、とか考えながら見ました。

見ているうちに、あまりに良く出来ているので、つい宇宙空間にセットを組んで俳優とカメラマンが宇宙で撮影している気になって見てしまいますが、カメラが宇宙服のヘルメットの中に出たり入ったり、宇宙基地の中に漂う水滴が、無いはずのカメラのレンズに付着する様子を合成していたりと、「これどうやって撮ってんの?」と勘ぐる観客の気持ちをくすぐる遊び心もたっぷりで、素晴らしい映画でした。

気になるメイキングの様子はこちら。エエー宇宙服着て無いジャン。


posted by kazzo at 00:00| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: