2014年01月21日

シュコダRSOその2

やく4ヶ月、放置状態だった模型、シュコダRSOトラクター。 正月休みを利用して、まずホコリをはらう事からスタートしてここまで組み上がりました。1月は風邪をひいて体調が悪くてグダグダでした。

rso04.jpg
といってもまだ各部はバラバラ状態。車室内が見えたり、複雑な足回りを持ったソフトスキン車両は、車体外側を塗装する前に、組み上げると手の届かなくなる部分を、計画的に塗装する必要があるので手間がかかります。
 特にこのキットは立体パズルかというような、複雑な入れ子構造のところがあるため組み立て計画を立てるのも難しい。寸法はほぼキッチリ設計されているようでおかしなストレスは無いキットですが、とにかく細かな部品が多いのが老眼には辛いです。

rso07.jpg
エンジン部分、もう少し汚して。少しだけ見えるようにしたい。

rso08.jpg
車室の塗装。ガラス窓から中が見えるので、何か兵隊の持ち物とかを置きたい。

rso05.jpg
この車両の一番の特徴。大型の金属製の車輪、塗装前に泥を塗り付けて、塗料で定着させてあります。

rso06.jpg
車体後部の複雑な構造、鎖やワイヤーの質感の表現を高めて、働く車の雰囲気を出したい所。

rso09.jpg
幌もトラックらしい雰囲気を出したい所、キットのままでは何か堅い感じだったので、いろいろ削ったりしていたら、かえってツルッとしてしまったので、マスキングテープで境目を作って、ポリパテを薄く塗って、幌布の境目を着けてみました。塗装をしたらどう見えるか楽しみ。 とても個性的な形の車体が組み上がるのが楽しみです。
 と、楽しい想像は膨らむのですが、なかなか手が動かない今日この頃。。。
タグ:シュコダRSO
posted by kazzo at 12:24| Comment(0) | 模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: