2013年05月24日

フランス旅行5

モンサンミシェルの続き。

fr022.jpg
門を入って参道を登って行く。レストラン、クレープ屋、土産物屋が軒を並べる。「江ノ島」?。

fr024.jpg fr023.jpg
巡礼者に供されていたといわれる有名なオムレツの元祖の店。「メール プラール」。 メール プラールおばさんの有名なクッキー、行く先々の土産物屋で目にした。種類や大きさも様々にたくさんの種類があり、土産物界の一大銘菓となっているよう。 メール プラールおばさんご本人の墓も島内にありました。

fr025.jpg fr026.jpg
中世風の看板が良い雰囲気。ノルマンディー風の石積み、看板の形、雨樋の形など模型のヒントになりそうです。

fr027.jpg fr030.jpg
さらに上に登って行くと要塞のような雰囲気になってきます。巡礼地の教会として始まり、監獄、修道院などとしても使われました。要塞としても使われた時期があったそうです。全て石を積んで作られています。強烈な重厚感。

fr028.jpg fr029.jpg
頂上の礼拝堂と内部、中世にはこの島で僧侶が一生を過ごしたのだそうです。

fr031.jpg
学校の社会見学の時期と重なったらしく、沢山の子ども達もいました。

fr032.jpg fr033.jpg
こちらも学生さんらしき団体さん。みんなカッコつけてます。

fr034.jpg
帰る頃には、風が強くなって、寒くなってきました。

fr035.jpg fr036.jpg
シャトルバスと内部。堤防上の道路が狭いので、折り返し運転が出来るように、車体の前後に運転席がついているようです。

fr037.jpg fr038.jpg
陸地側のホテル、レストランエリア。観光地ならではの派手な店構えが楽しいです。

fr039.jpg
日本のテレビ番組でも紹介されていた、土産物や日用品の店「スーパーマルシェ」。例のクッキーなどは島内よりもだいぶお安く購入できるようです。 ただ、置物なんかは店を見比べるよりも、ピンと来た所で買っちゃった方が良いと思います。結局後で探しても同じものが見つからなくて、日本まで帰って来てから、そこまでの距離を考えて後悔するよりも、散財しに行ってる訳ですから。
 後悔といえば、夕食の後激しく雨が降って、疲れきっていたので、近くに停まっているのに夜景を見に行くのを断念しちゃったんですけど。見に行った人の話では、「僕の想い描いていたモンサンミシェルはこれだったんだー。」というぐらい素晴らしかったそうで。 激しく後悔。。。
posted by kazzo at 20:04| Comment(0) | フランス旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: