2013年05月05日

1/35 パンツァーフェリー装甲水陸両用牽引車(LWS)プロトタイプNo.1-その5

車体にスミ入れ。アクアオイルカラー「DUO」を「オドレスペトロール」で薄ーく溶いたものを、数回、車体全体に塗り付けました。スミ入れはエナメル系の塗料でやる人が多いようですが、エナメル溶剤がプラを犯して小さな部品が取れやすくなるので、、、油彩絵の具はちょっと油っぽいテカリが残ってしまいますが。凸凹の強調と油やすすの汚れの表現という事で、ずっとこれでやっています。

moo5-1.jpg

フィギュアの兵隊も、顔の凹凸や服のしわを強調するためにスミ入れしています。ごく薄い塗料を、少しずつ、顔のしわに少しだけのこる程度に入れます。今回はやりすぎました。

m005-2.jpg

顔色が黒っぽくなるので、スミ入れしたものが乾きかけた状態で、明るくする部分をふき取ります。 ピンバイスに付けた0.3mmぐらいのドリルの先に少量の綿を巻き付けて、極小の綿棒を作り、ペトロールを少量含ませてふき取ります。

 スミ入れが乾いたら、顔の基本色に使った肌色に赤を少し混ぜて、ほおや鼻のあたま、額などに薄ーく塗ります。さらに少し赤みをました色で下唇に少し色を入れます。 ひげの表現は少し焦げ茶を混ぜた肌色で塗ります。ひげ剃り跡の感じにしたい場合は肌色とごく少量の青を混ぜます。 歯などの白にも少し肌色を混ぜています。 ごく少量の塗料しか使わないので、紙パレットの上で調色しています。 全てラッカーで、シンナーで薄ーく溶いたものを少しずつぬります。
 この作業をすると少し生きている人の感じが出てきます。
今回はネチネチやっていたら肌色が解けてしまったらしく、顔色がまだらになってしまいました。

m005-3.jpg
posted by kazzo at 13:54| Comment(0) | 模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: