2013年04月25日

津原泰水「11 eleven」

奇談短編集。

1編目の「五色の舟」は奇形の見せ物一座の冒険談、奇怪な物語だがホンワリとした語り口を楽しむうちに「フリークス」「禁じられた遊び」「泥の川」などの映画の場面が混ざったようなイメージが浮かんで来て、涙がじわりと湧いて来る。1つ1つの物語にそれぞれの語り口があって魅せられます。

上のは僕の感想ですが、本の帯に寄せられた、三浦しおんさんの推薦文を読むとその通りの感想。皆がこんな経験をするのでしょう。珠玉の1冊です。


posted by kazzo at 13:44| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: