2019年11月08日

横浜でクタクタ

YOKOHAMA STREET SCENE 2019 / SONY α7S II / DJI RONIN-SC
先に購入したカメラ「SONY α7S II」に加えて小型ミラーレス用ジンバル「DJI RONIN-SC」を購入したので、この組み合わせで何ができるか?、横浜みなとみらいに出かけて色々実験してみました。


Music Kodama-sen - Lines of Echoes by To-Den (2010) by GRÜNEMUSIK
https://www.jamendo.com/track/519063/kodama-sen-lines-of-echoes-by-to-den


DJI RONIN-SCを購入した理由は主にハイパーラプスの品質向上と省力化が目的でした。

僕がやっているのは手持ちで、1歩あるいて1枚撮る式のハイパーラプス。
前回までは一脚にカメラ、首掛け式のホルダーに1脚をさして重さを軽減、外付けケーブルレリーズでシャッターを切っていました。しかしこれで撮った写真は角度がちょとずつバラバラでそれを編集時にトラッカーで揃えてゆくのに非常に手間と時間がかかりました。で、この角度を揃えるのをジンバルにやってもらおうというのが、今回の目的なのだ!。

小型、少し軽量でお値段もそれなりに安くなったジンバルが出始めているのですが、その中からDJI RONIN-SCを選んだのはバラしてリュックに入れて運べること。3軸それぞれにストッパーがあって最初のバランス調整がしやすそうなこと。スマホアプリと連動した、自動撮影の機能があること。1ヶ月ぐらいあれこれ検索して決めました。

実際に物が届いて、夜に近所で実験してみると、、、
まずデフォでは動きがトロすぎて(これがジンバルで手ブレの揺れが抑えられる機能なのですが)1歩づつ正確に目標点を捉えなおすのが困難でした。これは、スマホアプリから設定をいじれるので上下と横の感度を最大にして、さらにスポーツモードを使うことで解決しています。

それと、少し期待していたスマホをカメラの上につけて、スマホのカメラの映像を解析してマークした被写体の方を向き続けるアクティブトラック。同社のOsmo Pocketについていているみたいなので使えるかもと思っていたのですが、この場合、写真を撮ってるカメラの画像を解析しているわけではないのでパララックス視差が生じて難しい、今回は使いこなせませんでした。今後の研究課題かな。


みなとみらいでの撮影は2週間のうちに3回通って行いました、新しいカメラの暗所撮影の検証も兼ねて「SONY α7S II」と「DJI RONIN-SC」のセットで何ができるかを実験してみました。
カメラの暗所性能は前のカメラより明らかに向上していました。

●手持ちハイパーラプス。
前回の撮影でパナのカメラと比べて「SONY α7S II」のファインダーがハイパーラプスに向いてないのがわかっていました。解決策として液晶画面にポストイットでマーキングしたらどうかと思って。矢印型の半透明タイプのポストイットを用意してゆきましたが老眼で全然ダメでした。結局ジンバルのバー越しにファインダーをのぞいて、「ブライトモニタリング」で画面を明るくして方眼の一点と目標点を合わせ続ける前回のやり方になってしまいました。角度はジンバルがやってくれているので、ずいぶん楽にはなりました。重さは2.2キロぐらいを首掛けホルダーで軽減しているので、持てないほどではないけど、15分ぐらいかかるとやはり首を痛めるかもと思う。なんとか肩がけか、腰がけホルダーにしたい。今後、スマホでモニターしながら方眼と目標点を合わせて撮る、という方法を実験予定。しかし重くなるんだよな。。。大袈裟な感じになっちゃうし。弁慶じゃないんだから。。。
編集でのトラッキングは思っていた通り、撮った写真はほぼ垂直が出ていて、位置のトラッキングだけすればかなり使える映像になります。トラッキング職人としての修行も進んでいるので効率はすごく良くなった感じです。

それから、このジンバル、コードをカメラと繋げるとジンバルのスイッチからシャッターが切れる便利機能付きで期待してたんですが、軽く押すとムービー、長押しでシャッターというムービー優先の設定なので、単写を繰り返したい僕の使用法ではかなり使いにくく、2日目から単写用のレリーズをカメラににつないでそれでシャッターを切るようにしました。惜しい。バランス問題があるから無線レリーズ買おうかな?。また大袈裟になっちゃう?。

●自動撮影。
「RONIN-SC」にはスマホと連動して、いろいろクリエイティブな撮影ができる機能があります。
パノラマ、タイムラプス、モーションラプス、モーションコントロール、フォースモバイルなど。
フォースモバイルなんて離れたジンバルのカメラが手元のスマホと同じ方向を向くという手品のような機能ですが、このアプリ、カメラの映像をモニタする機能はないので、どこを撮ってるか確認できない。モニタしながら撮るにはもう1台モニタ用のスマホが必要なのだ。何に使うの?面白いなぁ。

●モーションラプス
今回、主に使ってみたのはモーションラプス。スマホでポイントを指定すると自動で首を振りながらタイムラプスを撮影してくれる機能。相当お高い自動雲台がないと無理だと思っていたので、すごく期待してたんですが、ちょっと惜しい感じ。自動雲台と違ってブレブレの軸をバランス取りながら動いてるのでたまに動きがムラになってるかも。3点間の曲線補完みたいのは付いてないようなのでカクッと方向が変わるのが違和感があるかも。
それと首振り撮影はコマ数と速度とシャッタースピードの職人的な感覚が必要で劇場映画でも破綻してることがあるから難しいかも、でも今回の映像程度には撮れるので、この機能は相当嬉しかった。

●タイムラプス
首を振らないタイムラプスを、雲台に付け替えずに、ジンバルにつけたままでできるか(一度外すと、またバランスを取らなくてはならないので)も実験してみました、撮り始めから終わりまで6分ほどでやはり少しずれていましたが、編集時にトラッキングで補正できる範囲かと思いました。

●ジンバル歩き撮り
最もジンバルらしい使い方、歩きながらビデオ撮影したものを編集で10倍速、20倍速にしたものも意外に良い出来なので収録してみました。

●モーションコントロール
モーションコントロールも使えそうな機能。通常速度のビデオ撮影でパンとかをビデオ雲台で手動でするとどうしてもカクカクするのを自動で同じスピードで繰り返しできるのがいいかも。何箇所かで試したけど、どういうシチュエーションで使うか思い浮かばず断念。今回の最後のカット「ベイクォーター」はこれで撮るべきだったかなぁ。以外にセッティングに時間がかかるのでつい手持ちで撮っちゃた。
中型のリュックとジンバルと三脚の足を袈裟がけに持って、大袈裟になっちゃうんだなぁ、弁慶の七つ道具じゃないんだから。


てなことで、使い慣れてないことと、機材の重さに負けてくじけてしまったこと、機能的にちょっと惜しい感じもあるけど、非常に攻めている商品、お値段的には大満足のジンバル、、使っている間じゅう次は何を撮ろうかと、脳からドーパミンがバンバン出てる感じで楽しかった。これから長く使ってゆきたいと思います。


CAMERA SONY α7S II
LENS SONY SEL2470GM
GIMBAL DJI RONIN-SC
posted by kazzo at 12:10| Comment(0) | 自作動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: