2019年03月17日

ラブ、デス&ロボット​

NETFLIXの「ラブ、デス&ロボット​」がめちゃ面白かった。



成人指定で、エログロの制限なしで作られた短編アニメのシリーズ。

各話、物語の切り口もネタも絵のタッチも全く別の短編が18本で、現代のアニメーションの先端のショーケースといった感じ。
製作総指揮はデビッド・フィンチャー、監督はデッドプールのティム・ミラー。今一番わかってらっしゃる感じのお二人。

少しづつ見ていこうかと見始めましたが、結局朝がたまで、一気見してしまいました。短編に凝縮された物語に、作り手さん達が見せたい絵やアニメならではの仕掛けがギッチリ詰め込まれていて素晴らしかったです。

1話目の「ソニーの切り札」。リアルCG系のタッチでちょっと日本のバイオハザードとかのゲームの雰囲気があります。なんとなく肩の動きが硬い感じ。1話目からグロ表現満載で強烈なキックを喰らった感じ。

2話目の「目撃者」。ちょっとエロポップな感じ?フランスの漫画をCGにした感じか?、世界観が素晴らしい。顔の造形と人の動き、カメラワークも、アニメ的な仕掛けも見事です。この世界観すごく素敵だと思いました。

4話目の「スーツ」極彩色のディズニー系のCG。怪物と戦う農夫の話ですが、単純化された風景の美しさに見惚れてしまいます。顔の表現も独特な職人芸的な出来で素晴らしい。

7話目の「わし座領域のかなた」リアル系CG。これもちょっと日本のCGっぽい感じがしました。油断すると、実写を使ってるのかと勘違いするぐらいリアル!。それでこの暗〜いお話ですから、強烈です。

8話目、「グッドハンティング」、「ムーラン」とかの線画系のCG、アジア風の話とスチームパンクの世界の融合ですが、建物とか機械の作り込みがすごいです。

10話目。「シェイプシフター」。リアル系CG。アフガン戦争に狼男がいたらという話、これも実写かと思うほどのリアル感。

12話目。「フィッシュナイト」。リアル系だけど線画のCG。魚のネオンみたいな色が綺麗、話はちょっと唐突ですが、この絵が作りたかったんだろうな〜と思いました。

13話目、「ラッキー・サーティーン」わざと女優さんの顔をスキャンして、CGにして、まるで実写のようにCGが演技してここまで出来るんだぜ〜と見せている感じ、これは物語も非常に好きな感じ。

14話目、「ジーマ・ブルー」物語も絵のタッチもアートを題材にしていて。最先端のイラストをCG化した感じ。これが一番気に入りました。

15話目、「ブラインドスポット」。日本のタツノコプロのアニメをCGにした感じ。独特なポップなタッチです。

16話目。「氷河時代」いわゆるミニチュアシティーもの。この話は実写とCGを組み合わせてあります。古い冷蔵庫の中に見つけた小さな世界、見つけた時には氷河時代でしたが、加速度的に進化してゆき、ついには未来へ、、、そしてその世界の人類は最後に、、、自分好みの話がほんわりとまとまっていて好きな話でした。

18話目。「秘密戦争」超リアル系CG.大戦中のソ連の秘密部隊の話。全体に絵柄が絵画のようで、特に風景の美しさに見惚れてしまいました。

NETFLIXの詳細欄は主に監督と声の出演者の情報が主なので、美術やデザインを誰がやっているのかの情報が出てこないんですよね。どうやって作ったのかという番組でもかなり良いのができそうなんだけど。プロダクションノートとか見てみたいなー。
posted by kazzo at 01:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: