2018年11月05日

ピンボケ東京

YOUTUBEとVIMEOに動画を投稿しました。
「FOCUS TOKYO」。




夏になる前から次に作るのはボケのエフェクトを使った動画にしようと考えていました。
しかし酷暑で撮影に出かける気にならず、ボケのエフェクトを使うときにはそれをコントロールするマスクレイヤーを作らなくてはならないので、大変だろうと伸ばし伸ばしになって、夏が終わってしまいました。

その間に予習をしたら、どうやら編集時に加えるエフェクトでは、撮影時にレンズで得られるような自然で印象的なボケの再現は難しいことがわかってきました。もうやめちゃおうかな?とも思ったのですが1度思いついたものを作らないと次にゆけない。

そんな訳で、今回はボケの再現というよりは、このエフェクトで遊んじゃおう!と考えました。

9月末から涼しくなってきたので、浜松町のモノレール〜東急プラザ銀座屋上、赤羽橋から東京タワー〜バスタ新宿(今回は不使用)、六本木ヒルズ〜東急プラザ(取り直し)と3日撮影して素材の撮れたものから少しずつ編集を初めてゆきました。

編集はadobe AfterEffectsで1カットずつブラー(カメラレンズ)を加えてマスクを作りながら試行錯誤を繰り返しました。最初はマスク用の映像を作らなければと思っていたのですが。新機能なのか?映像にIllustratorのようなベジエ曲線の複数のマスクを設定でき、時系列で形を変えたり、マスクのボケ具合や透明度が変えられて、このマスクをいろいろなエフェクトに適応できるのを知って、一気に作業のスピードが上がりました。この機能を見つけられたのが今回の一番の収穫です。

カットごとにどんな感じでボケを加えたら面白くなるかを考え、小さな町をマクロレンズで撮影したような感じとか、霧が晴れて行く感じとかを想定して作っています。マスク機能を覚えたので調子に乗って、3:57のビルがランダムにボケるのでは16枚、4:09のテツオ風の爆発ではほぼ効果は見えないけど20枚のマスクを作りました。

最終的にムービーにまとめるのはPremiereProを使うのですが、PremiereProのAfterEffectsコンポジションを使うと処理が重すぎて編集しづらいので、一度AfterEffectsで少し長めの4K動画で書き出したものをPremiereProで並べ直して編集する感じでやっています。

今後、全編これで作ることは面倒すぎて無いと思いますが、いろいろ新しい発見もあり楽しい作業でした。
posted by kazzo at 00:58| Comment(0) | 自作動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: