2016年09月26日

架空の車

夏は雨の日が多くて、家にいることが多かったので架空の自動車を考えてはイラストにしていました。

最近やっていたグラデーションを使ったり立体感をつけたり手書きの絵を元に書いていたのとは違って、比較的仕事でよく描いていたAdobe Illustratorだけでできるペタンコなタッチ、漫画調でコミカルでホッコリする感じの上品な絵柄を狙っています。

描いていて思ったのは自動車のデザインはタイヤ、窓、ドア、燃料口などお約束の部分を並べてゆく作業で、意外に突飛な感じになりにくい。突飛な感じにしちゃうと車っぽくなくて車のイラストとしてつまらない。ここにエンジンが入っていて、ドアがこう開いてという機能を考え始めるとやっぱり普通の車になっちゃう。

それから、今までにあまりにいろいろなデザインが考え尽くされている気がして、どこかに既視感があるものになってしまう。あまり僕が自動車に詳しいわけではないので。詳しい人が見たらこれは違うよってツッコミどころはあると思うのですが、イラストとして面白い自動車の形なのでお許しを、、、。

画像クリックで大きな絵が見られます。

cars-01.jpgcars-02.jpgcars-03.jpgcars-04.jpgcars-05.jpgcars-06.jpgcars-07.jpgcars-08.jpgcars-09.jpgcars-10.jpgcars-11.jpgcars-12.jpg
posted by kazzo at 16:24| Comment(0) | イラスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: