2019年03月24日

PC画面を見続ける映画2

アマゾンビデオで「サーチ」を見ました。



いきなりWindowsXPのホーム画面。なんとなく懐かしく思っていると、娘の名前「マーゴット」が登録されて、家族の共用パソコンなのがわかる。この画面を使って入学やピアノレッスンの初日などが映し出されて、簡潔に韓国系アメリカ人家族の歴史が紹介される。そのうちに予定表に医師の診察が、、、母親がリンパ腫を発症、闘病ののち亡くなって、高校の入学写真は父と娘の2ショット、微妙な表情。画面のはじにはウィルスソフトのアラートが、後に694日アップデートをしていないことがわかり、母の死の後2年ほど、このPCが放置されていたことがわかる。

画面が変わって、現在のMacbookの画面。ヨセミテ渓谷らしき背景画像。映像付き通話アプリ「フェイスタイム」のウインドウ内での父と娘の会話。ゴミ捨てを忘れた娘を叱る父親。今夜は友人宅での勉強会で遅くなると娘が言って、微妙にウザがられてる感じで通話終了。深夜に娘から3回の着信、父親は就寝中。マーゴットはそれきり姿を消す。

父親、デビット・キムはITエンジニアらしいことが会議の画面からわかる。娘はピアノのレッスンに行ったとばかり思っていたが、連絡をしてみると半年前に退会したと知り、マーゴットに、父が知らない秘密の部分があることがわかり弟に相談、現在の友人関係を何も知らないことに気づき、家族PCを検索して、ようやく旧友とのキャンプの予定を知るが、翌日、待ち合わせに現れなかったのを知り、ここで警察に通報。専任捜査官がやってきて、警察の捜査と並行して、娘の情報や心当たりを探すように促される。。。

デビットは自分の知らなかった娘のFacebook、Instagram、オンライン送金サービスVenmo、ライブビデオ公開サービスYouCastなどを探し当て、自分の知らなかった娘の秘密を探ってゆく。。。そして驚きの展開が!!。。。

という感じで、この映画は全編PC画面上で見られる情報でお話が進んでゆく映画です、映画というよりもデビットの捜査、探索してゆく情報を一緒に見ている感じ。映画の鑑賞者も一緒に推理しているような気がしてきます。画面上には物語のヒントが、画像、文字、映像、音で提供されていて、実は事件の真犯人も写っています。Macbookの画面の最初に出てくるニュースサイトの、無関係そうな登山で遭難したおじさんの救出の話も、実はヒントになっています。ボーッと物語の展開を追ってゆく映画と違うのは、読み解く楽しみを含んでいる映画なのです。

それと、父親の操作する画面上でマウスポインタやテキスト入力が父親の心情や、迷いを表現して、演技しているかのように振る舞うのが面白かったです。

最近のPCとインターネットサービスの進歩には驚かされます。聞いたこともないネットサービス、Macを使っているのに、知らなかった機能だらけでした。でも皆本当にできることのようです。今、ふつうのMacでできることにこだわっているのが、この映画のリアル感につながっている気がします。そこが前に見たPC画面を見続ける映画、
「ブラックハッカー」と少し違うところ、あちらは最後にファンタジーの世界にぶっとんでいってしまったのです。どちらも面白い。

それと、Macの画面を見ているつもりになっていたけど、液晶の画素が全く無いのに気づきました。あれ、この映画どうやって作ったの?画面を撮影してるんじゃないし、拡大している場面でも画素は見えない。それぞれのニュース映像にはドットの感じはあるけど?Windowsの文字にはドットがあって、Macはベクターフォントだからドットが無いのはこれで合っているのだろうけど?画面録画ソフトがあるのは知ってるけど、こんなに綺麗に録画できるものだろうか?
もしかしたらニュース映像やスマホカメラの映像はその機器で録画して、PCでキャプチャーしたものを、もう一度CGで可能なかぎり作り込んだデスクトップにはめ込んで、高精細のデータとして書き出したのか???

じゃぁ、映画館の映画ってどのくらいの解像度でできてんの?。この映画の原盤の画素ってどのくらいでできてんの?テレビで見るから4Kあれば十分かも、、?ン?うちのテレビが2Kだから画素が見えなかっただけか?。

監督を務めたアニーシュ・チャガンティはスマホだけで撮影した、アメリカからインドへ弾丸帰省する短編の自主制作映像作品が認められGoogleに入社、同社のPR映像などを作っていたキャリアの人。とすると、ITの人。どんな高度な技術を使っていてもおかしくは無い。

どうかなぁ。

とここまで書いて、映画館の解像度を調べてみればいいじゃんと思い立ち、調べてみたら、普通のデジタル上映館でなんと2Kとか4Kなのだそうで、うちのテレビとそうは違わないらしいのです。ただしデータの圧縮率は低いとのこと。となると、この映画、スマホなどで撮ったものを、うまいことネットサービス上やMacの中に置いて、それらしく操作しているところを、直にHDMIとかで録画機に流し込んでも製作可能ということになるのかも、、、どうなのかなぁ?。
posted by kazzo at 02:03| Comment(0) | 映画

2019年03月17日

ラブ、デス&ロボット​

NETFLIXの「ラブ、デス&ロボット​」がめちゃ面白かった。



成人指定で、エログロの制限なしで作られた短編アニメのシリーズ。

各話、物語の切り口もネタも絵のタッチも全く別の短編が18本で、現代のアニメーションの先端のショーケースといった感じ。
製作総指揮はデビッド・フィンチャー、監督はデッドプールのティム・ミラー。今一番わかってらっしゃる感じのお二人。

少しづつ見ていこうかと見始めましたが、結局朝がたまで、一気見してしまいました。短編に凝縮された物語に、作り手さん達が見せたい絵やアニメならではの仕掛けがギッチリ詰め込まれていて素晴らしかったです。

1話目の「ソニーの切り札」。リアルCG系のタッチでちょっと日本のバイオハザードとかのゲームの雰囲気があります。なんとなく肩の動きが硬い感じ。1話目からグロ表現満載で強烈なキックを喰らった感じ。

2話目の「目撃者」。ちょっとエロポップな感じ?フランスの漫画をCGにした感じか?、世界観が素晴らしい。顔の造形と人の動き、カメラワークも、アニメ的な仕掛けも見事です。この世界観すごく素敵だと思いました。

4話目の「スーツ」極彩色のディズニー系のCG。怪物と戦う農夫の話ですが、単純化された風景の美しさに見惚れてしまいます。顔の表現も独特な職人芸的な出来で素晴らしい。

7話目の「わし座領域のかなた」リアル系CG。これもちょっと日本のCGっぽい感じがしました。油断すると、実写を使ってるのかと勘違いするぐらいリアル!。それでこの暗〜いお話ですから、強烈です。

8話目、「グッドハンティング」、「ムーラン」とかの線画系のCG、アジア風の話とスチームパンクの世界の融合ですが、建物とか機械の作り込みがすごいです。

10話目。「シェイプシフター」。リアル系CG。アフガン戦争に狼男がいたらという話、これも実写かと思うほどのリアル感。

12話目。「フィッシュナイト」。リアル系だけど線画のCG。魚のネオンみたいな色が綺麗、話はちょっと唐突ですが、この絵が作りたかったんだろうな〜と思いました。

13話目、「ラッキー・サーティーン」わざと女優さんの顔をスキャンして、CGにして、まるで実写のようにCGが演技してここまで出来るんだぜ〜と見せている感じ、これは物語も非常に好きな感じ。

14話目、「ジーマ・ブルー」物語も絵のタッチもアートを題材にしていて。最先端のイラストをCG化した感じ。これが一番気に入りました。

15話目、「ブラインドスポット」。日本のタツノコプロのアニメをCGにした感じ。独特なポップなタッチです。

16話目。「氷河時代」いわゆるミニチュアシティーもの。この話は実写とCGを組み合わせてあります。古い冷蔵庫の中に見つけた小さな世界、見つけた時には氷河時代でしたが、加速度的に進化してゆき、ついには未来へ、、、そしてその世界の人類は最後に、、、自分好みの話がほんわりとまとまっていて好きな話でした。

18話目。「秘密戦争」超リアル系CG.大戦中のソ連の秘密部隊の話。全体に絵柄が絵画のようで、特に風景の美しさに見惚れてしまいました。

NETFLIXの詳細欄は主に監督と声の出演者の情報が主なので、美術やデザインを誰がやっているのかの情報が出てこないんですよね。どうやって作ったのかという番組でもかなり良いのができそうなんだけど。プロダクションノートとか見てみたいなー。
posted by kazzo at 01:09| Comment(0) | 日記