2016年10月24日

架空のカードゲーム

架空のカードゲームのイラストを描いてみました。

筆ペンでいろいろやっていたイタズラ書きで、中世の兵士みたいのが面白かったので、しばらくいろいろ描いてみようかと思いました。 線の描き込みで立体感を出すのが楽しく、集中してやっていると他のことは何も考えなくなって、写経でもしている感じになります。

絵だけだと単純過ぎな気がしたので、バックに塗りつぶしを作り少しずらすことで。印刷で版ずれしたみたいな効果を足しました。シリーズとしてまとめるために点数をつけて、何か架空のカードゲームの絵札という体裁にしてみました。

最初は楽しかった線書きもだんだん巧妙になって、10枚書いたところで、なんかキリがいいかと思ったら急に線を描くのに飽きてしまって、あと2枚のアイデア、ドードー鳥と城を描いて全体の世界観も感じるものにしたかったのですが、集中できなくなっていて、描き直したり線の感じを変えたりと時間がかかりました。

画像をクリックすると、大きめの画像が見られます。

DW-01.jpgDW-02.jpgDW-03.jpgDW-04.jpgDW-05.jpgDW-06.jpgDW-07.jpgDW-08.jpgDW-09.jpgDW-10.jpgDW-11.jpgDW-12.jpg
posted by kazzo at 12:35| Comment(0) | イラスト

2016年10月11日

PARTS OF TOKYO

VIMEOとYOUTUBEに動画をアップしました。「PARTS OF TOKYO」。
東京の日常的な景色とテクノミュージックとスプリットスクリーンを組み合わせて、映像を作りたいと思っていました。
CAMERA LUMIX DMC-FZ1000
CAMERA PANASONIC LUMIX DMC-G5
LENS LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.


music
Circuit Shaker - Elektron Beat (Hypnotic Mix) by Zeropage
https://www.jamendo.com/track/1135294/circuit-shaker-elektron-beat-hypnotic-mix
creativecommons licenses / BY 3.0

10月に入って、いつ撮影に行こうかと思っていましたが、2日間、友人との会合が決まって両方とも8時過ぎからなので、その前に3〜4時間早めに東京に出て撮影をしました。

タイムラプス映像では動きがあってスペクタクル感のある場所を撮影することが多かったので、今回は少し日常的な場所で撮影した素材で、前からやってみたかった、60〜70年代の映画で流行ったスプリットスクリーン(一画面を分割して別のところで同時に起こっていることを並べて見せたり、全く関係のない映像を並べて心理的な効果を狙ったりする技法)を使って、、音楽はテクノ系で、、みたいなことを考えていました。

1日目は東京駅の八重洲口あたり。古い駅舎のある丸の内側はよく行くのですが、こちらに出るのは数十年ぶり。新しい駅舎と、大丸の巨大ビル、グラントウキョウサウスタワーなどに囲まれたモダンな一角が魅力的で、結局いつものようにスペクタクルな光景を撮ってしまいました。思い直して、外堀通りを挟んで駅前に広がる繁華街で飲食店や路地裏を撮影しました。

2日目は会合の予定が渋谷だったので、原宿駅から明治通り沿いに下りて行くことにしました。途中路地に入ったりもしましたが、どうしても明るいかっこいいところを撮って回るいつもの癖が出てしまいます。 雨が降りそうだったので、この日は最近あまり使わなくなった旧機種のカメラ、LUMIX DMC-G5で撮っています。1日目はDMC-FZ1000での撮影だったので、思いがけずに2機種の比較も出来たわけですが、G5はRAWでの連写では書き込みが間に合わず、夜の動画撮影(2K60p)ではノイズが多くなっていて、やっぱりカメラは世代ごとに良くなっているのを感じました。街の照明がLED化されているのか、チカチカするところが増えている感じがします。。簡単な解決策はないものか?。。

編集ではスプリットスクリーンを試しています。
Adobe Premiereでレイヤーに配置した素材動画を上から順番に基本エフェクトの不透明度の矩型のマスクでトリミングして画面を区切っています、下になって隠れる部分には何もしていません。それぞれ色味、動きなど調整しています。モーションで移動や拡大をするとマスクも一緒についていってしまうようなので、おかしいようだったら、マスクも時系列で移動や変形もできるようなので調整しています。別の方法で「fxビデオエフェクト-キーイング-異なるマット」も使えるかと思いましたが、今回は使用しませんでした。

3D風のタイトルは結構調整に時間がかかりました。 fx基本3Dで変形し、モーションで移動拡大して空から降りてくる感じを出し。上部のボカシは、マスクに「マスクの境界のぼかし」の項目があるので大きめにぼかしてみました。

最後のカットに入る曲名などのタイトルは、最初のタイトルに雰囲気を合わせてみようと、通りの奥から出現する感じにしてみました。こちらにはマスクは使用しませんでした。 
映像が消えてから、タイトルだけパースがついているのは変だし、見づらいかと思って、試しに時間軸に黒バックになった瞬間と少し後にタグを打って、fx基本3Dでの変形を初期値の変形なしにして、見やすい位置に移動したら、間を保管するように動いてくれて、面白い効果になりました。やってみないとわからない。

音楽はZeropageさんのテクノミュージック、2日間で撮影したタイムラプス16カットと、2K60pの各30秒ほどの動画140カットから100カットぐらいを各5秒ぐらいに荒編集したものをラッシュとして作って、映像を見ながら選曲しました。なんとなく選んだ曲が、人の歩調に近いリズムだったのは後で気づきました。

カットが変わるところは曲の小節に合わせるようにしていますが、曲の中で特徴的なドラム音に同期できそうなところを見つけると、映像を前後にずらして同期してそうな部分を探しています。何箇所かあると、気づいてくれる人もいるかと思うので、、。というわけで楽しい編集でした。


posted by kazzo at 18:34| Comment(0) | 自作動画

2016年10月02日

巨大客船の動画

YOUTUBEとVIMEOに動画をアップしました。
横浜大桟橋に巨大客船「ダイヤモンド・プリンセス」が入港していたので見に行きました。映像の後半は「ダイヤモンド・プリンセス」の出港の様子を撮るために登った、ランドマークタワーからのみなとみらいの風景。その後ベイクォーターまで歩いて、帰り道の夜の街。1日で撮影した素材をまとめてみました。


music
Ambient (2009) by Project Divinity
https://www.jamendo.com/track/357513/ambient
creativecommons licenses / BY-NC-SA 3.0

午後2時くらいに横浜大桟橋着。久しぶりに雨降りじゃない日。暑くてすぐに汗だくになりました。
豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」は
就航年:2004年(2014年改装)/総トン数:116,000トン/全長:290m/全幅:37.5m
巡航速度:22ノット/乗客定員:2,706名/乗客用デッキ数:14層/船籍:英国 とのこと。
マンションが海に浮かんでいる感じでしょうか?、、この大きさを動画で表現するのが今回の目的です。しかし物の大きさはよくわからない。後ろから見ると大きく見えるのに、前から見るとそうでもない気がする。形にも巨大感は影響されるようです。ガンダムも、スカイツリーも、こんな感じだった。

いろいろレンズを付け替えて撮ってみましたが、一番大きく見えるのは魚眼レンズで撮ったカットかも、この魚眼レンズ韓国のサムヤン社製ですが使うたびに驚くハッキリクッキリのすごい描写力。

出港の1時間ぐらい前になると、それを目当てに見物客が集まってきて場所取りがきつそうなのでランドマークタワーの展望台に行くことにしました。徒歩で移動。また汗だくです。なんとか間に合ってセッテイングも完了、港湾局のサイトで確認した出港時間17:00の5分前にアラームをセットしていたら、あれれ?もう動き出しちゃってるよ??という事で狙っていた動き始めは撮れませんでしたが、タイムラプスで15分程撮影。その後富士山側で夕日を4秒間隔で1時間程撮影。ここでTシャツを着替えて、さらに撮影。

展望台からの景色が中途半端に霞みがかっていた気がしたので、さらに歩いてベイクォーターへ、、また汗だくに、、ここはいつも三脚の高さが足りずに橋の手すりが写ってしまうので、今回は用意してきた延長棒を三脚から横に張り出し、カメラを手すりの外まで突き出して撮影。さらに横浜駅までの帰り道、気になっていたそごうの駐車場と高速道路の高架下を撮影、ここも三脚の高さが足りず、通路のガラス壁に用意してきた吸盤付き雲台を貼り付けて撮影。

今回は夜景部分をRawで1段分ぐらい暗めに撮影しましたが、暗すぎたかも?、空気が霞んでいた関係か?、あまり綺麗に照明が発色しませんでした。ノイズも多めかも。前回から使い出した新しいカメラLUMIX DMC-G7の特徴か???。

CAMERA PANASONIC LUMIX DMC-G7
LENS LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LENS LUMIX G VARIO 1:3.5-5.6/14-42 ASPH.
LENS LUMIX G VARIO 1:4.0-5.6/45-150 ASPH.
LENS SAMYANG 7.5mm 1:3.5 UMC Fish-eye MFT
posted by kazzo at 15:51| Comment(0) | 自作動画