2019年01月03日

年賀の続き

年賀状の続き、の絵を描いてみました。
半年ぐらい前に購入して、あまりに扱いが難しく、放ってあったペンタブレットを練習しながらの作品です。
自分とペンタブと画面の位置を平行に合わせていないと、どんどん角度がわからなくなるのに苦労しました。このペンタブレット、中国製の「HUION ペンタブレット プロフェッショナル H610 PRO 10*6インチ」アマゾンで8000円ぐらいだったので、タブレットのお試し用にと思って買ったんだけど、タッチ感とか筆圧はとてもいいんだけど、デバイスドライバがPCを不安定にしてるみたいで、Macは起動途中で止まってしまうので使えず、Winは使えるけど、グラボが不安定になった感じ。最近色々な事件があるので、使っていてちょっと不安です。

絵をクリックすると大きくなります。

WB4-01.jpg

WB4-02.jpg

WB4-03.jpg

WB4-04.jpg
posted by kazzo at 16:38| Comment(0) | 日記

2019年01月01日

2019

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
NENGA19-F.jpg
posted by kazzo at 13:25| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

横浜みなとみらいのクリスマス2018

VIMEOとYOUTUBEに横浜みなとみらいのクリスマスの動画をアップしました。
「Yokohama Christmas Lights 2018」。

Music
Police Academy (2012) NICOCO
https://www.jamendo.com/track/988517/police-academy

撮影は述べ3日、初日は東京に予定があって、帰りに横浜に寄れるかなーと一応準備して出かけた平日の夜。この日は寒くて、遊園地コスモワールドも休みの日で人出はまばら。
どこを撮っても絵にならなそうな気がして途方に暮れてしまいました。そこで思い立ったのが人出が少ないならイルミネーションの中を通りすぎたり移動しながら撮影したりのハイパーラプス風の動画を撮れないか、できれば手持ちカメラで、、、ということ。

サムヤンの広角12mmレンズ手持ちで撮るので、ひどくブレないようにシャッタースピードは1/60以上、レンズはf2開放、あとはISOを調整して、なんとか露出計の適正値の-1evぐらいで撮れないかと試してみました。

横浜美術館前の広場から初めて、カメラを三脚から外し三脚はハンドルを腕に引っ掛けて抱える形でカメラのシャッターボタンを押し、連写で同じ場所で2〜3枚ずつ撮影し後から一番ブレていない1枚を使おうと考えました。LUMIX-G7のファインダーで目標物を決めて、フォーカスエリアでマーキングしてひたすらそこと水平を見ながら撮影し続けます。すぐにこれでは両手が疲れてしまって続かないことがわかりました。
そこで。トラベル用の軽い三脚なのでこれにカメラをつけて足はたたんでこれを手で持ち、シャッターはレリーズにするといくらかマシに、、しかしこの日は両腕が疲れました。

1日目の成果(ハイパーラプス)
0:00:50 横浜美術館前、並木の通り抜け
0:00:46 横浜美術館前、並木カニ歩き
0:01:46 観覧車直下の橋カニ歩き
0:02:02 アニヴェルセルの運河側歩道
0:02:12 ワールドポーターズ、赤レンガ倉庫側エントランス
0:03:35 赤レンガ倉庫クリスマスマーケット通り抜け
0:02:57 赤レンガ倉庫クリスマスツリーぐるり
0:02:13 赤レンガ倉庫レストラン前通路通り抜け
0:02:10 赤レンガ倉庫エントランスぐるり
0:02:14 赤レンガ倉庫前からランドマークタワー方面を見てカニ歩き
0:02:98 汽車道船着場からランドマークタワーを見てカニ歩き

家での作業は、raw現像でかなり暗くなってしまっているのを補正。一歩ごとに数点撮った中からピントの良いものを探し(これは失敗、あまりに多くて目がもたないぐらい疲れます)、選んだ画像からAdobe Aftereffectsでタイムラプスを作って、ワープスタビライザーとトラッキングのやり方も試行錯誤しながらなんとか揺れの少ない映像を作ろうとしましたが、やはり撮影時点で1/30秒ではブレているのが多く、イルミネーションでは光源がブレてチカチカしてしまってバレやすいので使えません。水平もできるだけ注意していないと結果が悪くなりやすいのが判明。

そこで2日目はレンズf値は2開放で固定、シャッタースピードは1/50で固定。明るさはISOで調整(定点観測型のタイムラプスよりはノイズが目立ちにくいので)、カメラは三脚につけて持ちレリーズを使う。腰ベルト式の三脚用のフォルダーを購入し、重さを軽減する。連写はやめて、1枚勝負。
撮影前に目標になるポイント(トラッキングポイント)を何点か確実に押さえておく。あまり急がずに確実に1枚1枚を撮影する。リラックスして全ての行程を全うする。あまり没頭しすぎて事故らないよう気をつける。
ということを念頭にのぞみました。

2日目はまずランドマークタワー展望台で2時間ほど日の入りごろから撮影。遊園地コスモワールド、ここは人出がなくなるのが早いので早めに、、、コスモワールド運河側の脇道を通って橋の下を抜けて、観覧車下の交差点。ここで突然腹が減っているのに気がつき、もう今日は終わろう。マンション群方面に向かいどこで食べて帰ろうかと思いましたが、最後に美術館前の通り抜けを取ろうと思い、撮影しながら桜木町方面へ帰りました。

2日目の成果(ハイパーラプス)
0:01:01 遊園地コスモワールド通り抜け
0:01:36 コスモワールド運河側抜け道から観覧車カニ歩き
0:01:39 コスモワールド運河側抜け道から遊園地側を見る
0:01:43 グランドインターコンチネンタルホテル前歩道からランドマークタワーを見てカニ歩き
0:01:54 ワールドポーターズ、コスモワールド側エントランス、ぐるり
0:00:30 マンション群中央通路からマークイズ前を通って彫刻「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」まで通り抜け

3日目をいつにするか迷っていたのですが、24日は月曜だし天候が微妙な感じだったので、21日(金)のオフィスビル全館点灯の人出を頼って出かけました。この日は5時頃桜木町に。遊園地を撮影、その後レンガ倉庫の喧騒を撮影、汽車道を通りランドマークタワーからベイククォーターまで歩いて、マクドナルドで何か食べて帰ろうと思ったら、10時を過ぎてもう閉まってました。

3日目の成果(ハイパーラプス)
0:03:50 レンガ倉庫からワールドポーターズまで通り抜け
0:03:54 日産本社前からベイクォーターまで橋の上
0:03:58 ベイクォーターのクリスマスツリーカニ歩き

初日の人出が少なかったのをきっかけに。今回は手持ちハイパーラプスの実験映像になってしまいました。シックな曲をつけても合いそうになかったので。少しコメディ風味、香港風味も中華街があるからいいかということで、曲の雰囲気がどんどん変わるNikokoさんの素晴らしい曲Police Academy (ジャッキーチェンの映画の雰囲気かな?)にしてみました。

CAMERA PANASONIC LUMIX DMC-G7
LENS LUMIX G VARIO 1:3.5-5.6/14-42 ASPH.
LENS SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS
posted by kazzo at 23:52| Comment(0) | 自作動画

2018年12月12日

東京のクリスマス2018

「Tokyo Christmas Lights 2018」


music Diving (2015) by TON IN TON
https://www.jamendo.com/track/1245189/diving

今年も東京のクリスマスイルミネーションの動画を作ろうと、11月後半から4回、東京のイルミネーションの名所に行ってみました。
今年は週末の混雑する日を狙って行って。人の姿を多く入れよう、それと前回のようなパラパラ漫画的なコマ落とし的な部分も作ろうと思っていました。妙に暑い日や寒い日が交互にくるので、またタイムラプス、流し撮り、手持ち撮影などいろいろ試さなければならなかったので非常に疲れました。人の流れは9時ごろには止まってしまうのでそのあとは撮る気がなくなり、満員電車で帰宅するのもキツかったです。

3日目の撮影の後、天候が悪化して天気待ち状態になり、晴れ時々曇りの予報ででかけた4日目の展望台からの眺めは霞みがかっていて、クリアな紫色の夜景見たいのを想定していたのとは違う結果ですが、これはこれでなかなか遭遇したことのない黄色っぽい色味でまぁいいかという感じ。そんなこともあり今回は全体に明るめ、彩度高めでキラキラした夢の中の景色のようなものを目指すことにしました。

それと前回試したスローシャッターの連写で作った映像を引き延ばしてパラパラ漫画風にしたものに、フレームブレンド補間を指定してみたら、ふわふわした感じの動画になるのが気に入り、人物の部分はすべてこれでゆくことに決めました。

「Under The Christmas Lights Tokyo」

music Aube (2018) by REMY BOURGEOIS
https://www.jamendo.com/track/1512247/aube

実際編集してみると、音楽の長さの関係で、あまり人物の映像が入らなくなりました。頑張って作ったのに勿体ない気がしたので、人物の映像だけで、BGV風、じっくりとみるより雰囲気作り的に流し見するような映像なら面白いかもと、、それっぽい音楽をつけてみたものを別に作ってみました。今回はこちらの方が気に入ってるかも。
posted by kazzo at 23:14| Comment(0) | 自作動画

2018年11月19日

スライドショー東京

SLIDESHOW TOKYO
A Day in Harajuku/Shibuya
動画をYOUTUBEとVIMEOに投稿しました。

music
Smile by LAKEY INSPIRED
https://soundcloud.com/lakeyinspired
CAMERA LUMIX DMC-FZ1000

これも夏頃から考えていた、静止画で都会の面白いものを撮ってスライドショー的にして動画を作る。というアイデア。面白いもの、ポップでキッチュなオブジェとかなら原宿にたくさんあるかもと、原宿-渋谷あたりを回って撮影しました。撮影を始めてしばらくしたら、そんなに面白いものがたくさん見つかるわけがないか?と思い始め、道ゆく人や街の様子もパラパラアニメ風にして尺を稼ごうと思いました。

手持ち撮影、連写、フルサイズrawモードの静止画で、とにかくたくさん材料を撮って帰ってストリートスナップ風の動画にしようと決めて目につくものをどんどん撮ってきました。

撮影した7500枚からraw現像をしながら、3500枚に絞り、タイムラプスを作る要領でAdobePremiereに取り込み、このままでは1フレームに1枚の画像になっていて人間の目では判別できないのでそれを時間を引き延ばして判別できる遅さにします。さらに音楽のピッチに合わせるようにしたかったので、そういったことも含めてスピード調整が今回の課題でした、あちらを立てればこちらが立たずいくら調整してもなんか音楽のピッチとズレてしまう。それと写真を撮り過ぎて10分近い大作になりそうで、誰もカクカクアニメを10分見るのは嫌だろうと、夜の後半の部分はカットしました。本当は3分くらいにしたかった。

出来上がったビデオは昔のアナログ8ミリフィルムカメラのようで、だいたい思っていた感じになりました。 失敗カットやなぜ入れてあるのかわからないカットが入っているのも、撮りっぱなしで編集できなかった頃の雰囲気を再現しているつもりです。(見る人がどう思うかは別として)。
posted by kazzo at 21:19| Comment(0) | 自作動画